お嬢様酵素のお湯割り✩飲み方を工夫しよう♪ | Honki Diet WEB ダイエット効果・口コミ検証

お嬢様酵素のお湯割り✩飲み方を工夫しよう♪

お嬢様酵素

2

 
お嬢様酵素の割り方は様々ですが、割る飲料でカロリーも大きく左右されるのも事実です。
カロリーやコストを考えたら、水やお湯で割りたい所。
しかし、お湯割りについて色々な不安がある方、沢山いると思います。
例えば……。

お湯で割ると酵素が死んでしまうのではないか?
ただのお湯で、味は美味しいのか?
心配無用です。熱湯で割ると大事な酵素の成分が無くなってしまう可能性がありますが、人肌くらい(30℃~40℃)で飲むぶんには問題ないでしょう。また、お湯で割るとホットレモンのような甘酸っぱいドリンクに変わります。

お嬢様酵素はお湯割りにして飲むと、とても飲みやすくなります。
もともと原液のままでは濃すぎるので何かで割る必要があるのですが、
お湯割りは、愛飲者の中で最もスタンダードな割り方です。
お湯により、身体が温まり、空腹が和らぐ効果も期待できます。
お嬢様酵素を飲むのにお湯割りは非常におすすめできる飲み方なのです。

お湯で割っても酵素の成分は変わらない

まず、酵素ドリンクはお嬢様酵素をはじめ、清涼飲料水の分類です。
全ての清涼飲料水は食品衛生法により、65℃で10分程度の加熱殺菌処理がされています。
一度、作る工程で加熱処理されているわけですね。

よって温かい飲料で割っても何の問題も無い事が分かります。
しかし注意しなければならない事は、65℃以下の温度で割る必要があります。
65℃で加熱殺菌されている事から、それ以上の温度で割って、成分に変化が起こらない保障が無いからです。
酵素は熱に弱い特性があるので、熱湯(100℃)は、酵素成分が壊れてしまう可能性が高いのです。

 冬など寒いとき、ホットで飲みたい場合は熱湯ではなく、ぬるま湯程度(30℃~40℃)で割りましょう。

お湯割りのお味は?

お嬢様酵素の水割りの温かいバージョンです。
それは当たり前ですね(笑)

冷たいも水割りより柔らかい口当たりになります。
お湯割りは、水割りのような甘酸っぱさが抑えられて非常に飲みやすいです。
ホットレモンのお嬢様酵素版と言えばわかりやすいでしょうか?
ホット梅ジュースに近いですね。

 お嬢様酵素独自のフルーティーな味わいで、ホット梅ジュースより美味しい!?です。

まとめ

今、白湯ダイエットが流行ってますよね。
白湯=お湯です。
だからお湯割りはダイエット効果増進に繋がります。

お湯割りで飲むことで、胃腸などの内臓機能を温めることができるので、飲んだ直後から全身の血の巡りがよくなります。
内蔵が温めると活動が活発になり、消化作用を促進。
結果、体内の老廃物を体の外に押し流す力が高まります。
そして体内で滞っていた余分な水分を尿として排出してくれます。
よって便秘やむくみ解消にも効果が期待できます。

お湯で割ることは良い事だらけです。
わざわざ割る飲料を買うコストも無く、お湯は当然カロリーゼロです。
原液カロリー以上の余計なカロリーは出来れば摂りたくないですよね。
寒い日では無くても、ホットお嬢様酵素は、ほっとしますよ♪

コメント

Honki Diet WEB Honki Diet WEB
×
MENU